医者のイメージ

コンジローマなどの性病の増加とクラミジア検査

性器にイボができるコンジローマを含めて性病は増加傾向にあります。国立感染症研究所のコンジローマの感染報告数は約2倍増加していると言われています。この症状は性病のなかでも最も感染者が多いクラミジア、淋病、ヘルペスに続いて多いです。また性行為だけで感染するとは限らず、トイレや感染者が使ったタオルでも感染する可能性があります。主な症状はイボが性器にできて、放置するとカリフラワー状に発展することあります。医薬品や外科治療で治りやすい症状ですが再発も多いですので、根気よく治療を続けるようにしましょう。

コンジローマは比較的症状が出やすい性病になりますが、クラミジアや淋病は感染していることがわからないことも多く、それがとても厄介な症状になっています。自覚症状がでないことで、周囲に感染をさせてしまい、時にはカップルで感染し、浮気が発覚するなどして関係が破たんすることもあります。たとえ浮気をしていなくても自覚症状が出ないことで、知らずに前のパートナーから感染し、それを現在のパートナーに感染させるケースもあります。二人の仲を引き裂く可能性もある症状であり、甘く見ることができない症状です。

日本人の性病罹患者で最も多いのがクラミジアになり、性行為を経験している人であれば誰でも感染しているリスクがある性病です。よって性行為を経験した人すべてが検査をする意義があると言えます。症状が出ていない場合、クラミジア検査をするとクリニックによって違いはありますが、費用が自己負担になることもあります。それを防ぐためにはネットで購入し、郵送するクラミジア検査がおすすめです。また自宅で検査結果を知ることができるクラミジア検査もあります。