医者のイメージ

性病の定義を知りセックスをしたらクラミジア検査を

性病の定義は性的接触をしたら感染する病気と定められています。病気の種類によっては、セックス以外でも感染する病気もあります。トリコモナスやヘルペス、カンジダ症は性的接触がなくても日常生活でも感染する可能性もあります。ただその多くはセックスによる感染症が多いです。またセックスの定義も理解しないといけません。男性器を女性器に挿入するだけがセックスのように感じている人も多いですが、男性と女性が交わればその時点で性的接触を理解しておきましょう。キスでもヘルペスは感染する可能性もありますし、オーラルセックスでも感染する可能性があります。クラミジアや淋病は口腔内でも感染することがあります。口腔内に感染してしまうと、女性から男性へ感染する可能性も高くなり、風俗が感染者を増やす温床にもなっています。

性感染症において大切なことはセックスをした人すべては性病に感染している可能性があることを認識することです。自分だけは大丈夫というような自信を持たないことが大切です。今までのセックスすべてにコンドームを使っていたというのは良い心構えですが、オーラルセックスまでコンドームをしている人は少数です。そのような行為をしたことがある人すべてに性病のリスクがあります。感染の有無を確認するのは病院が適しています。性病というのは、なかなか自覚症状がでにくい病気であり、特にクラミジアは性病のなかで感染者が多く、そして男女とも自覚症状がないことから感染者を増やす条件がそろっています。それに貢献、もしくは被害者にならないためにもクラミジア検査を行って感染の有無を確認してください。現在はネットから購入し郵送するクラミジア検査もできますので、そのようなものを積極的に取り入れていきましょう。