医者のイメージ

鼻水と陰毛の痒みは保健所以外でクラミジア検査

保健所でクラミジア検査を受ける場合、費用は請求されません。
病院の場合、相場としておよそ1万円を考えておく必要がある上に初診料も念頭に置いておかなければならない事を考えると、いかに金銭的な負担が軽いのかがわかります。
しかし、無料である事を除きクラミジア検査であえて保健所を選定する理由は無いと言えます。
まず、検査可能な病気の種類が限定的であるという事が言えます。
全国で共通の方式が用いられていると考えられているのですが、実は各地域により方式が異なるのです。
病院においては当然のように行われている咽頭検査ですが、行っている場所が全国で一箇所も無いというのが実情です。
つまり、鼻水が出るという特徴的な様子が見受けられるのにも関わらず、調べられないため特定することができないのです。
変調が見受けられるものの、要因が特定できないというのは大きな不安材料となります。
次に、クラミジア検査を行える日が極めて限定的と言う欠点もあります。
医療機関ではないため診察をメインとして行っていません。
毎日行われているわけではなく、一週間に一度のペースや月に一度のペースというケースが多いです。
限られた日付でしか行われないので陰毛が痒いなど我慢することが難しい症状が起きている場合は次回の検査日まで耐えられないでしょう。
しかも、少ない頻度で行われるのは平日の日中などで学生や社会人が検査日にスケジュールを合わせることは困難です。
さらに、検査日が少ないだけではなく1日に受けられる人数も少ないです。
そのため、クラミジア検査のために出向いたものの先客で埋まっていたという事も珍しくありません。
また、基本的には無料であるのにも関わらず時折有料のケースもあるため情報にはしっかりと目を通しましょう。